中国掛軸のオークション

中国掛軸における落款の役割

中国掛軸における落款の役割 中国掛軸にはよく落款がされていることがあります。
これには作品が完成品であることや正式に自分が手がけた意味がありますが、中国掛軸などの美術品になると少し違った役割を持っています。
落款自体が芸術作品だということです。
芸術性が高い作品に美しい印影があることでより作品としても価値も高まります。
逆に貧弱なものだと作品の価値は下がってしまいます。
作家によっては強いこだわりを持っている人もいて、作品によって押し方を変えたりすることもあります。
他人からするとどんな違いがあるのかわかりませんが、作家にとっては大変意味があって重要な印です。
さらに、これは自分のものであるという象徴もあります。
よく印を押してある作品を見かけたりしますが、これは自分の所有物である意味で押されていて、作品の持ち主が印の数だけ変わっている意味でもあります。
単なる判子ではないので、作品にあるときには印にも注目して見るのがおすすめです。
そこにどんな意味があるのか、それを考えると形や色、作品全体を見たときも印象もかなり違ってきます。

中国掛軸の修復に掛かる時間

中国掛軸の修復に掛かる時間 骨董品愛好家にはたまらない魅力が溢れているのが中国掛軸です。
中国掛軸は中国の北宋時代に礼拝を表す物として作られたのが始まりだと言われていて、その後の水彩画の普及により宗教画だけでなく花鳥風月や人物・動物画など様々な物が画かれています。
そのため部屋に飾るだけで部屋の印象をガラッと変えることが出来ますが、その扱いは慎重を要します。
中国掛軸は使用している素材が非常に繊細で湿気や乾燥に弱いという特徴があります。
したがって保管場所を一度誤ってしまうとすぐさまシミやくすみが発生してしまいます。
そんなデリケートな中国掛軸を修復に出すと、戻ってくるまでに3~4ヶ月程度の時間を要します。
何故そんなに時間がかかるのかというと、ただ発生したシミやくすみを薬品で落とすだけではなく、ほつれがあった場合は新たに装具を装着するからです。
装着する装具は、元の掛軸の題材を損なわないように雰囲気などを重視して丁寧に行うため、時間がかかってしまうのです。
まさに手間暇かかる赤子のような物ということですね。

新着情報

◎2017/6/26

落款の役割
の情報を更新しました。

◎2017/4/21

中国掛軸のオークション
の情報を更新しました。

◎2017/2/14

手に入れる方法
の情報を更新しました。

「中国 芸術」
に関連するツイート
Twitter

RT @Satoshi53644896: @afpbbcom 昔の著作や芸術を現代の価値観で遡及的に排除していけば、全ての社会は空虚なものになるだろう。まるで中国の発展を50年間遅らせた文化大革命のように。

大阪芸術大学オープンキャンパス2日目 墨絵教室 1回目は馬 2回目は富士山 結局昨日と同じ題材にしました。 忍者や芸者、野球、サッカーと考え用意しましたが 今回は墨絵入門として。飛び入りで中国やフィリピンの若者や、昨日来てくれた親御さんご夫妻とか今日も盛況でした。 感謝です! pic.twitter.com/wqA7cOBydP

Twitter shinboku 茂本ヒデキチ

返信 リツイート2 昨日 23:22

返信先:@gomagoma1125他1人 日本人もすぐパクると欧米に嫌われていたじゃないですか? 芸術家も模写とかしながらオリジナリティーを探るし。自分はパクるのありと思います。著作権とか主張できない位のパクりですけどね。中国のディズニーマルパクりの遊園地とかはまずいと思います。

...でしょう。 ヤン・ヨーステンがなまって、八重洲になったというのはどうやら本当らしく、東京駅八重洲地下街にヤン・ヨーステンの彫像があるようです。 よく知られているように、江戸幕府は鎖国政策を取りながら、中国とオランダだけは、長崎・出島での貿易を許可します。 何で、オランダなのか?南蛮人と呼ばれたスペイン、ポルトガルはカトリックで、オランダはプロテスタントだったから、というのが、教科書で教えてくれるところ...

【クレカ払OK】2015年 中国 ルナシリーズ 雄鶏 大型銀メダル NGC鑑定 PF69 プルーフ ANTIQUED 80g 芸術的コインです!!! page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t57… #ヤフオク

Twitter okinaonara 金貨 銀貨 コイン収集

返信 リツイート 昨日 20:59

返信先:@Zhang_nai 中国のアニメで最近すごそう!っておもったのがこれです↓ youtu.be/Zk6iZLKXFTI 僕はむしろ、日本にない感性をどんどん観たい! アニメはすごい芸術なのに、日本は漫画原作の作風に偏ってる気がするので。台湾の作品も楽しみです。

Twitter 2018Hiro hiro@読書と語学(中国語/英語)

返信 リツイート 昨日 20:20

返信先:@namba_g_kagetsu 旗揚げ公演 見に行きましたょ~絶対に忘れられません😃桂三枝師匠(現在 桂文枝師匠) 横山やすし西川きよし師匠 ダウンタウン松本 浜田さん 中国雑技芸術団さん、旗揚げ2弾プリンセス天功スーパーイリュージョン忘れられません😆。

Twitter whwhwh17 大仏チャンwhwhwhコテコテ

返信 リツイート 昨日 16:37

きょうはこれ♪4時開演。久石譲さん、長野芸術館の芸術監督退任することになったので、チェンバーオーケストラは最後。入口で女性に中国から来た、倍払うからチケット譲ってと声かけられた。完売なのだ。 pic.twitter.com/3MPqXOCHRR

「ハンドパンとの出会い」前半部分の中国語翻訳版ができました。 ameblo.jp/kashiwahang/en… All text by my friend Amy 靜心生活藝術坊 Thank you for hard work

Twitter kashiwahang 柏ハング@ハンドパン

返信 リツイート 昨日 15:21

洲之内徹が「芸術新潮」に「気まぐれ美術館」を連載する前に書いたエッセイを集めた「絵のなかの散歩」(新潮社)を読み返している。箱入り単行本の口絵の最初が海老原喜之助の「ポアソニエール」で、洲之内が戦争中に中国でこの絵を画集で飽かず眺めたこと、その後思いがけず実物と対面したこと、(続 pic.twitter.com/vuwF5KAxWn